業務受託

レストラン部門のアウトソーシング(外部委託)によるメリット


従業員教育【直営:飲食業としての専門教育にコストが発生する】

専門分野での組織的教育の実施が容易である。

客観的に見る弊社教育担当が定期的にOJTやOFFJTを開催。
また、定期的に店舗巡回を行い接客レベルのチェックをし、担当責任者へフィードバック改善策を提示。


商品開発【直営:柔軟なメニュー変更が出来ずマンネリ化】

お客様の声や、施設側の要望などを反映しながら、弊社他店舗の売れ筋商品やトレンドにあった商品を提供します。


衛生管理【直営:調理管理者次第というリスク】

本部内の専任者による自主細菌チェックや従業員研修等、また保健所を通じての外部検査の徹底で安全度は高まる。


損益管理【直営:収益悪化時の対応が困難】

施設側は安定収益が期待できる

ページトップへ戻る